レイプものが好きな人もいるらしい

この世の中にはれイプ動画が好きな人もいるらしいです。私はもうビデオ屋さんには行かなくなってしまいましたので、アダルトビデオの棚が今どうなっているのかもよく分からないのですが、それでもレイプものが全くなくなったということはないでしょう。
この点で思い出されるのは、レイプレイというアダルトゲームが人権団体に目を付けられて、自主回収させられたということでしょうか。たしかに、タイトルとしてはひどいものであるということは否めないでしょう。レイプするゲームというのはいくらでもあるとは思いますが、あまりに安直であるという印象はぬぐえないのではないでしょうか。
しかし、和姦が好まれていることはたしかですが、レイプを好む人もいることは否めません。もちろん、本物のレイプはアダルトビデオでは行われていないことはたしかです。もっとも、本物のレイプではないかというような疑惑を掛けられているアダルトビデオもあるにはあるようです。泥酔レイプなどは特にリアルです。
レイプに対する風当たりは強まっておりますので、このようなジャンルのアダルトビデオは作れなくなってしまうかもしれません。私としては別にこのジャンルには愛着はないのでそれでもいいのですが、ただ、それを認めてしまいますと、私が好んでいるようなジャンルに対しても同じような魔の手が伸びるということも考えられますので、矢張り規制には反対した方がいいのではないでしょうか。
この手のジャンルを好きであるというのは、ちょっとまずいのかもしれませんが、力でねじ伏せるというような欲求には止みがたいものがあることも否めません。あらゆるセックスはレイプであるというようなことを言ったフェミニストもいらっしゃいましたが、そういう暴力がセックスに潜んでいるということは否定できないことかもしれません。どちらにせよ、この手のジャンルが好きな人はフェミニズムの動向など一切知らないでしょうし、知っていたからと言って何らかの利得があるわけでもありません。

品質の良いエロ動画をネットで探すときには

ネットで好みの女の子の映像を探そうとすると、いくつものサイトを飛び回ることになります。このときに注意しているのは、有料アダルト動画がいくつもあるので、それを中心に探しているとダウンロードが有料となるサイトばかり探す事になります。

最近は、DVDなどのメディアでアダルト映像を購入するというパターンは少なくなってきており、ある会社の会員登録をしておけば、自分の好みのAV女優の動画がダウンロードできるというシステムが一般的になってきました。

当然のように有料になるので、タイトル別に料金を支払うか、毎月一定額を支払い自由に大量の動画を閲覧出来るというパッケージもあります。そのような有料アダルト動画のシステムがいくつかあるため、自分がお得だと思えるルールのサイトを選ぶべきです。

ただ、多くのアダルト関係のサイトを飛び回っていると、有料アダルト動画と同程度の画質で無料の映像が提供されていることもあります。これが、有料の動画のサンプル映像であったりするのですが、その映像の解像度がすばらしいので見入ってしまうのです。

そのような映像を大量にストックしてあるサイトはお気に入りとして、何度も訪れることが多くなってきます。ただ、そのような映像になれてくると今ひとつ興奮度が足りないことが分かってくるのです。

それは、有料アダルト動画ではないので、最も興奮度が高まるようなところのシーンが短かったりするのです。わたしの好きなてまん動画もカットされやすいです。AV女優の見せ所となるシーンが少ないというのはとても残念な事になります。

なので、自分が好みのAV女優が分かってきたら、そのAV女優が出演している映像を多く探すようにします。そしてパッケージングされた媒体で販売されている映像であれば、ネットショップなどでそのDVDなどを購入すべきです。

そうでない場合は、ネットでダウンロード販売されていることが大半なので、最も安い有料アダルト動画がどこであるか確認して、価格の良いサイトでダウンロードするようにします。

ごっくん、もはや擬音のはずなのにすっかり一つのプレイに

ごっくん、これだけ聞くと普通に食事しているときの擬音のようにも感じますが、少しでもアダルト思考になってしまっている人であれば想像することは一つでしょう。
そう、フェラチオの後口の中に出された精液をごっくんと飲み込むプレイのことです。
口の中に出された精液、これの処理は吐き出してしまうというのでもいいのですが、自分のものを人に飲み込んでもらう背徳感、そして飲み込むほうはその人をいかに好きなのかということが伝わってきます。
だって好きでもない人のものはちょっと気持ち悪いでしょうしね。
ごっくんの基本としては口の中に出されたものをすぐに飲み込むのではなく、少し迷いつつも飲んじゃえって感じで飲み込むのが興奮しますね。
上級になると口の中にある精液をぐちゅぐちゅとうがいのように口の中で動かし、一度口を開いて泡立っているのを見せてから飲み込むという行為もありますね。
こちらは気持ち悪いという人も多いと思いますが、興奮度はとてつもないです。
さらにそうしたものを、一度手に出してからもう一度口に含むという行為も見たことがありますね。
結局のところどれだけ汚くした精液でも飲めるというのが愛のあかしなのかもしれません。
そういえばこれをごっくんというのはちょっと間違っているのかもしれませんが、口に直接出されたおしっこを飲むことも興奮しますね。
こちらは擬音的にはごくごくといった感じなのかもしれませんが。
口の中にそういったものを出されてむせてしまい、鼻から垂れているのとかもう最高です。
なんだったらゲホゲホしている状態のところの口に無理やり突っ込んで苦しい状態の口の中を楽しむのもいいかもしれません。
まぁ、そんなことをしたら戻してしまいそうな気もするのですが、その辺のプレイが好きな人もいると思うので。
キスで大量の唾液を相手の口の中に入れて飲んでもらうのもこれになるんですかとかも考えましたが、そんなこと言ってたらわりとキリがない気がしてきたので、やっぱり基本は精液ですかね。

パイパンのドイツ人との一度だけの経験

私は仕事の関係で何度もドイツのミュンヘンを訪問した事があります。その時には、私の会社の現地事務所のドイツ人の女性が通訳を兼ねてアテンドしくれました。
最初は好きでも何でもなかったのですが、何度も一緒に仕事で飛び回る内に親しくなり、やがて私は彼女に惹かれる様になって行きました。
そして、ある年にミュンヘンを1週間訪れ、明日日本に帰国すると言う夜に、一緒に食事をし、彼女が連れて行ってくれたムードあふれるホテルのラウンジで飲んでいる間に、私は我慢できずに彼女を部屋に誘いました。
拒否されると思っていましたが、彼女は少し恥ずかしげに、部屋について来ました。こうなると、初めてドイツ人を抱けると言う思いで、私のあそこはいきり立っていました。
彼女を抱き、下着を剥ぎ取った時、私は一瞬驚き、その後で感嘆しました。彼女はいわゆるパイパンだったのです。病的なものではなく、西洋人が清潔のためにと行っているハイジニーナ処理をしていたのです。白い肌の下腹部に遮るものなく。ピンクの花弁が見えました。
こんな光景を目の当たりにして、私は無我夢中で彼女のパイパンにクンニを始めました。普段は、胸を舐め、乳房を舌先でころがし、おもむろに下腹部に舌を下ろしていくのですが、その夜はいきなり花弁や花芯にクンニを加えたのです。
のぞけり、喘ぐ彼女のあそこから口を離す事ができないほど、パイパンの白い肌にピンクのひだが光輝いて見えたのです。クンニをしていると、女性の恥毛が口に入る事があったり、顔に当たって気分が削がれる事がありますが、そんな事もなく、没頭できたのです。
クンニだけで彼女は絶頂を迎え、ぐったりとした身体を起こしてフェラをしてくれました。クンニをして、彼女の花芯にあふれ出る愛液を見ているだけ十分に勃起していた一物は、更に痛いほどにそそり立ちました。
その血管が浮き出でそそり立つ一物を見て、彼女は感嘆の声を上げ、自分のあそこに導きました。パイパンゆえに座位でも上から挿入された様子が見え、更に興奮を誘いました。
こうして、彼女との最初で最後のセックスは夜が白むまで延々と続いたのです。私にとって、忘れ得ぬ若き日の思い出です。

私はクンニのテクニックだけでいえば誰にも負けない

私は自分にクンニの才能があるとは思っていませんが、それに関する努力の量だけで言えば、誰にも劣っていないと自負することが出来ます。決してAV男優というわけではないのですが、恐らくクンニにかけてだけいえば、決してAV男優にも劣らないでしょう。私は口を使って女性をイかせることに命をかけているわけです。私が口でイかせることに興味をもったのは大学生のころでした、当時初めて出来た彼女に、口での前戯、つまりクンニをしたところ、あまりの下手くそっぷりに彼女が笑ったのです。そのことが悔しくて悔しくて、私は修行を始めるに至りました。主にインターネット上に転がっている文献と、エロ動画での研究になりますが、私はエロ動画の方はあまり参考にならないと割りきって修行に励んでいました。というのもこういうのは派手さを重視するあまり、本当に気持ちのよい行為であるかどうかは疑問だと常々思っていたからです。賢い私は風俗に通ってクンニを練習していました。そして鍛えた口技で、私のことを笑った女性をイかせまくったわけです。その当時の彼女は私と夜の営みをするときになると、いつも私の前戯の下手くそっぷりを強調するような糞女でしたので、容赦する気など一切ありませんでした。私は頑張るよ、と一言彼女に伝えると、修行のせいかといわんばかりに彼女のクリトリスを舐めまわしたのです。恐らく彼女は一瞬で私が今までと違うことに気がついたと思います。体がビクッと一瞬硬直するとみをよじって私の口技から逃れようとするのです。
ビクビクッと彼女がイったことを確認した私は、休めると見せてまったく休めませんでした。彼女はもうその時には顔をぐちゃぐちゃにして私に「もう許して!」と謝ってきていました。私はそんなふうに懇願する彼女の声が聞こえないふりをして、小一時間彼女の膣とクリを責め続けたのです。
小一時間後には全く動かなくなった彼女がそこにありました、あまりの気持ちよさに失神してしまったようです。
私はクンニのテクだけでいえば誰にも負けません。

ごっくんの拒否はその人を否定する事と同じ

仕事と割り切って風俗の仕事をしている女性がいますが、この場合なかなかお客さんから人気を得る事が出来ないはずです。心の中で何を考えているか見透かされていると言えば大げさですけど、何となく分かってしまうんですよね、女の子が考えている事というのは。

フィニッシュの時に精液を口に出すのはお決まりですけど、その後それをごっくんしてくれる嬢って本当に少ないです。数を数えた訳では無いですけど実質1割にも満たないかも知れませんね。出されるのは良いけど飲むのは嫌という訳です。でもそれってお客さんをとても傷つけている行為なんです。

射精した後は俗に言う賢者タイムになりますから、気持ちが急速に落ち込んで行くのです。その時に追い打ちをかけるのが精液の吐き出しです。これを女性に理解してもらうのは難しいのですが、分かりやすく例えるとキスをした後に口を紙で拭くのに近いかもしれません。あなたの唇は汚いですと言っている様な物ですから相手にとって物凄く失礼ですよね。実はごっくんの拒否もそれと同じなのです。

ですので可能な限り精飲するべきだと言えます。これは義務だからという理由ではなく人としての最低限のマナーと表現した方が良いでしょう。人に対して失礼な事をしてはいけない、その様な単純な理由からきているのです。目の前に困っている人がいたから手を差し伸べるのと本質的な差異はありません。

始めは飲み込むのに手間取ったりするので楽ではないと思います。しかし、大勢の男性を相手にしてごっくんし続ければ、その内に意識に変化が起き始める事でしょう。口内に射出された物が『愛』そのものの様に思えるはずです。そうなればお客様に対しても真心が伝わり、さらにお互いの仲が深まるのです。

お客さんに好意をもたれたければ、このように自分からきっかけを作る必要があります。ごっくんは飲み込むだけで済むので軽視されがちですが、その効果は劇的ですので是非やってみてください。

18禁の映像を楽しむ事

私は学生の頃からレンタルビデオが好きで何度も借りていました。毎週数本のビデオをレンタルして、週末に返しに行くのですが、その時にまた数本のビデオをレンタルしているという状況でした。

それが永遠に続くので、いつでも数本のビデオを借りている状態でした。その映像はホラー映画やアダルト寄りのサスペンスなどが多かったのです。グロい映像が出るような作品もよく見ていたので、作品には18禁となっている事もあったのです。

ただ、これらの映像を借りる時には一度も年齢を確認されることはありませんでした。レンタルのカードを作成する際に年齢を確認するために免許証を提出したので、私の年齢は認証されているということのようです。

しかし、日本で売られている18禁の映像はホラー映画などに関しては全く問題ないレベルだと思います。本当にきわどい映像に関しては、日本では発売の許可が下りないそうなのです。

それは、アダルトビデオに関しても似たような状況があると思います。いくつかのアダルトDVDをレンタルで借りたことがあるのですが、18禁となっているレンタルビデオは多いのですが、これらにも国内の映像に関してはある程度のぼかしが必要になります。

なので、18禁などにする必要はないように思えるのです。ただ、これが外国の映像になってくると話は違ってくるのです。内容が過激だったり、行為の内容が普通のカップルが、やらないようなないようだったりするので、そうなってくると普通に流通することはむつかしいと思うのです。

なのですが、私としてはどのような映像であっても本人が楽しむ事ができれば良いと思います。確かに若い子供達に見せてはいけない映像だと思うのですが、そんな映像も国内で流通している範囲は全く問題ないので、楽しむべきだと思うのです。

外国では当たり前に閲覧することが可能な映像を、国内で規制するのはあまりやって欲しくない事です。過激ならその内容を最初で把握して見ないようにするという判断ができると思うのです。

女性とは違う?ふたなりの魅力

ふたなりの魅力とは何なのか。そもそも、現実にいるのか。
いや、いるわけがない。それは2次元の話である。(ただし、トランスジェンダーの方が手術をして肉体改造をしている場合は除く)
では、そもそもなぜこのジャンルが生まれたのか。ニューハーフとは違うのか?
ふたなりとは、男性器と女性器のふたつを併せ持つ奇跡のような肉体のことである。ニューハーフと違うところは、さらに女性的なところだろうか。ニューハーフはあくまで男性的な要素を持っている方の定義すると、ふたなりは女性的な要素を強く持っている場合だと考える。特に胸があるかないかは非常に重要だと考える。ふたなりのキャラクターは胸がふっくらしており、女性的な場合が多い。AVなどでも、女性が特殊器具をつけて演じている場合が多いだろう。
そう考えると、女性と男性器の生えた女性とのセックスジャンルともいえる。
さらにそう考えると、百合的要素とも関わってくるように思う。かわいい女性同士がまぐわっている状態がみたいなのか、それは見ている人にもよるだろうが、そこに男性器が必須ということだろう。
プレイとしては、男性器も女性器もあるため幅広い。男性器を主体にするのか、女性器を主体にするのかでかなり変わってくるだろう。
創作では、この男性要素(男性器)と高くするのか、女性要素(女性器)を高くするのかでかなり変わってくる様子である。また成人マンガなどにもおいても、ストーリー要素で男性要素(男性器)と高くするのか、女性要素(女性器)を高くするのかで、創作が難しい場合もあるようだ。
ちなみに、最近増えつつある女装男子・男の娘とはまた違うのだろうかという疑問がここで沸いてくる。女装男子・男の娘はニューハーフとは違い、女性要素が高いと考える。しかし、先ほど述べた胸がほぼないのである。そこはあくまで男の子なのである。
やはり「女性要素」がいくら高いかでジャンルが決まってくるのではないだろうか。

彼にバックからせめられ恥ずかしい放尿

以前職場で上司だった彼が家族と一緒に遠くに転勤してしまって寂しくなったわたしは、新しい彼もまだ見つけられず、1人エッチをして火照る身体をなぐさめることもありました。そんなある日、彼が出張でこちらに来るというので、久しぶりに会うことになったんです。せっかくだからわたしのアパートに来てもらおうと思い、エビフライや肉じゃがなど彼の好物を作って待っていました。

久しぶりに会った彼は、新しい仕事場になかなかなじめないといってちょっと疲れた様子でした。たっぷりなぐさめてあげようと思っていたら、お風呂も食事もまだなのにいきなりベッドに押し倒されてしまったんです。

「まだダメ・・・ご飯の後でね。」と言ったけれど彼は聞いてくれません。
「妻とは相変わらずセックスレスでね。」とつぶやくと、バッグからいつも使っていた大人のおもちゃを次々に取り出すんです。

こんなこともあるかもしれないと思ってちゃんとシャワーを浴びて彼の好きな白の下着を着ておいたけれど、それもあっという間に脱がされてしまいました。ローターでクリをイジメ抜かれ、バイブをねじ込まれてしびれるような快感に身をよじりながら声をあげていると、四つん這いにされて彼の固くて大きなペニスがぐいぐい入ってきました。

激しいピストン運動にこらえきれず腰を振りまくり
「あああっ もう、いくぅぅぅっ」と叫ぶと、私はベッドの上で放尿をしてしまったんです。
恥ずかしい放尿をしても彼は、
「感じてるんだな。すごく可愛いよ、久美。」と言って
かまわず私をバックからせめ続けます。

「もう許して・・・また出ちゃう、出ちゃうよ・・・あううっ」と叫ぶと、私は2回目の放尿をしてしまいました。
今までこんなことは無かったのに、彼に後ろから荒々しく突かれ続けて気を失いそうになるほど気持ちがよくなり、ベッドをしとどに濡らしてしまったのです。

自分がセックスで放尿プレイをするなんて思ってもいなかったけれど、彼は可愛いと言ってすごく喜んでくれました。彼が幸せなら、またやってもいいのかななんて思っています。

私は結婚前、不倫してしまいました。

私は現在、妻と二人の小学生とともに暮らしていますが、結婚前、訳あって不倫をしてしまったことがあります。

私が結婚前の20代後半頃のことですが、当時、彼女がいない時期に、会社の同僚と取引先と地元の居酒屋で飲んでいました。仕事の話を中心に、時には愚痴をこぼしながらその飲み会は盛り上がり、一次会だけではおさまらずに二次会へ行くこととなりました。二次会はカウンターのみしかないショットバーで、入り口のドアを開けると、二人の女の子が飲んでいました。

私は男3人だけで飲むのは寂しいので、瞬時に女性の肩をたたき、わざと知り合いをよそって「久しぶり!」と声をかけました。当然、肩をかけられた女性は顔の知らない私の顔を見ながら、しばらくきょとんとした様子でしたが、私がすぐに人違いだったことを詫びると、そのまま自然な形でお互い話し合うことができました。私は計算通りの展開に心の中でにんまりし、その場を楽しみました。その女性たちは、私と同い年ということもあり、特に盛り上がり、私が肩をたたいた女性とは、電話番号とメールアドレス交換もできました。

その日はそのショットバーで女性たちとお別れしたのですが、翌日、すぐにその一人の女性から電話がかかってきました。ナンパをした相手自ら電話をくれたことに、私はラッキーだと感じましたが、今度は二人きりで会いたいとの彼女の言葉に、さらに嬉しくなりました。

それから数日後、二人きりで居酒屋へ行き、飲みましたが、彼女はその後も何軒もはしごを要求し、お互い酔うほどに飲みました。流れの中でホテルへ行って、二人で会った初日からセックスしてしまいましたが、私はそのとき、彼女の薬指に光るものを感じ、彼女に聞きました。彼女は途端に気まずそうな表情になりながらも、結婚していることを教えてくれました。

知らなかったとはいえ、結果的には不倫関係となったのです。私はまずいという気持ちはありながらも、容姿や性格ともに自分の好みに合うその女性と、不倫関係をしばらく続けてしまったのですが、やはりそのような関係は長くは続かず、約2か月の不倫関係は私の謝罪とともに終わりました。