ごっくんの拒否はその人を否定する事と同じ

仕事と割り切って風俗の仕事をしている女性がいますが、この場合なかなかお客さんから人気を得る事が出来ないはずです。心の中で何を考えているか見透かされていると言えば大げさですけど、何となく分かってしまうんですよね、女の子が考えている事というのは。

フィニッシュの時に精液を口に出すのはお決まりですけど、その後それをごっくんしてくれる嬢って本当に少ないです。数を数えた訳では無いですけど実質1割にも満たないかも知れませんね。出されるのは良いけど飲むのは嫌という訳です。でもそれってお客さんをとても傷つけている行為なんです。

射精した後は俗に言う賢者タイムになりますから、気持ちが急速に落ち込んで行くのです。その時に追い打ちをかけるのが精液の吐き出しです。これを女性に理解してもらうのは難しいのですが、分かりやすく例えるとキスをした後に口を紙で拭くのに近いかもしれません。あなたの唇は汚いですと言っている様な物ですから相手にとって物凄く失礼ですよね。実はごっくんの拒否もそれと同じなのです。

ですので可能な限り精飲するべきだと言えます。これは義務だからという理由ではなく人としての最低限のマナーと表現した方が良いでしょう。人に対して失礼な事をしてはいけない、その様な単純な理由からきているのです。目の前に困っている人がいたから手を差し伸べるのと本質的な差異はありません。

始めは飲み込むのに手間取ったりするので楽ではないと思います。しかし、大勢の男性を相手にしてごっくんし続ければ、その内に意識に変化が起き始める事でしょう。口内に射出された物が『愛』そのものの様に思えるはずです。そうなればお客様に対しても真心が伝わり、さらにお互いの仲が深まるのです。

お客さんに好意をもたれたければ、このように自分からきっかけを作る必要があります。ごっくんは飲み込むだけで済むので軽視されがちですが、その効果は劇的ですので是非やってみてください。

18禁の映像を楽しむ事

私は学生の頃からレンタルビデオが好きで何度も借りていました。毎週数本のビデオをレンタルして、週末に返しに行くのですが、その時にまた数本のビデオをレンタルしているという状況でした。

それが永遠に続くので、いつでも数本のビデオを借りている状態でした。その映像はホラー映画やアダルト寄りのサスペンスなどが多かったのです。グロい映像が出るような作品もよく見ていたので、作品には18禁となっている事もあったのです。

ただ、これらの映像を借りる時には一度も年齢を確認されることはありませんでした。レンタルのカードを作成する際に年齢を確認するために免許証を提出したので、私の年齢は認証されているということのようです。

しかし、日本で売られている18禁の映像はホラー映画などに関しては全く問題ないレベルだと思います。本当にきわどい映像に関しては、日本では発売の許可が下りないそうなのです。

それは、アダルトビデオに関しても似たような状況があると思います。いくつかのアダルトDVDをレンタルで借りたことがあるのですが、18禁となっているレンタルビデオは多いのですが、これらにも国内の映像に関してはある程度のぼかしが必要になります。

なので、18禁などにする必要はないように思えるのです。ただ、これが外国の映像になってくると話は違ってくるのです。内容が過激だったり、行為の内容が普通のカップルが、やらないようなないようだったりするので、そうなってくると普通に流通することはむつかしいと思うのです。

なのですが、私としてはどのような映像であっても本人が楽しむ事ができれば良いと思います。確かに若い子供達に見せてはいけない映像だと思うのですが、そんな映像も国内で流通している範囲は全く問題ないので、楽しむべきだと思うのです。

外国では当たり前に閲覧することが可能な映像を、国内で規制するのはあまりやって欲しくない事です。過激ならその内容を最初で把握して見ないようにするという判断ができると思うのです。

女性とは違う?ふたなりの魅力

ふたなりの魅力とは何なのか。そもそも、現実にいるのか。
いや、いるわけがない。それは2次元の話である。(ただし、トランスジェンダーの方が手術をして肉体改造をしている場合は除く)
では、そもそもなぜこのジャンルが生まれたのか。ニューハーフとは違うのか?
ふたなりとは、男性器と女性器のふたつを併せ持つ奇跡のような肉体のことである。ニューハーフと違うところは、さらに女性的なところだろうか。ニューハーフはあくまで男性的な要素を持っている方の定義すると、ふたなりは女性的な要素を強く持っている場合だと考える。特に胸があるかないかは非常に重要だと考える。ふたなりのキャラクターは胸がふっくらしており、女性的な場合が多い。AVなどでも、女性が特殊器具をつけて演じている場合が多いだろう。
そう考えると、女性と男性器の生えた女性とのセックスジャンルともいえる。
さらにそう考えると、百合的要素とも関わってくるように思う。かわいい女性同士がまぐわっている状態がみたいなのか、それは見ている人にもよるだろうが、そこに男性器が必須ということだろう。
プレイとしては、男性器も女性器もあるため幅広い。男性器を主体にするのか、女性器を主体にするのかでかなり変わってくるだろう。
創作では、この男性要素(男性器)と高くするのか、女性要素(女性器)を高くするのかでかなり変わってくる様子である。また成人マンガなどにもおいても、ストーリー要素で男性要素(男性器)と高くするのか、女性要素(女性器)を高くするのかで、創作が難しい場合もあるようだ。
ちなみに、最近増えつつある女装男子・男の娘とはまた違うのだろうかという疑問がここで沸いてくる。女装男子・男の娘はニューハーフとは違い、女性要素が高いと考える。しかし、先ほど述べた胸がほぼないのである。そこはあくまで男の子なのである。
やはり「女性要素」がいくら高いかでジャンルが決まってくるのではないだろうか。

彼にバックからせめられ恥ずかしい放尿

以前職場で上司だった彼が家族と一緒に遠くに転勤してしまって寂しくなったわたしは、新しい彼もまだ見つけられず、1人エッチをして火照る身体をなぐさめることもありました。そんなある日、彼が出張でこちらに来るというので、久しぶりに会うことになったんです。せっかくだからわたしのアパートに来てもらおうと思い、エビフライや肉じゃがなど彼の好物を作って待っていました。

久しぶりに会った彼は、新しい仕事場になかなかなじめないといってちょっと疲れた様子でした。たっぷりなぐさめてあげようと思っていたら、お風呂も食事もまだなのにいきなりベッドに押し倒されてしまったんです。

「まだダメ・・・ご飯の後でね。」と言ったけれど彼は聞いてくれません。
「妻とは相変わらずセックスレスでね。」とつぶやくと、バッグからいつも使っていた大人のおもちゃを次々に取り出すんです。

こんなこともあるかもしれないと思ってちゃんとシャワーを浴びて彼の好きな白の下着を着ておいたけれど、それもあっという間に脱がされてしまいました。ローターでクリをイジメ抜かれ、バイブをねじ込まれてしびれるような快感に身をよじりながら声をあげていると、四つん這いにされて彼の固くて大きなペニスがぐいぐい入ってきました。

激しいピストン運動にこらえきれず腰を振りまくり
「あああっ もう、いくぅぅぅっ」と叫ぶと、私はベッドの上で放尿をしてしまったんです。
恥ずかしい放尿をしても彼は、
「感じてるんだな。すごく可愛いよ、久美。」と言って
かまわず私をバックからせめ続けます。

「もう許して・・・また出ちゃう、出ちゃうよ・・・あううっ」と叫ぶと、私は2回目の放尿をしてしまいました。
今までこんなことは無かったのに、彼に後ろから荒々しく突かれ続けて気を失いそうになるほど気持ちがよくなり、ベッドをしとどに濡らしてしまったのです。

自分がセックスで放尿プレイをするなんて思ってもいなかったけれど、彼は可愛いと言ってすごく喜んでくれました。彼が幸せなら、またやってもいいのかななんて思っています。

私は結婚前、不倫してしまいました。

私は現在、妻と二人の小学生とともに暮らしていますが、結婚前、訳あって不倫をしてしまったことがあります。

私が結婚前の20代後半頃のことですが、当時、彼女がいない時期に、会社の同僚と取引先と地元の居酒屋で飲んでいました。仕事の話を中心に、時には愚痴をこぼしながらその飲み会は盛り上がり、一次会だけではおさまらずに二次会へ行くこととなりました。二次会はカウンターのみしかないショットバーで、入り口のドアを開けると、二人の女の子が飲んでいました。

私は男3人だけで飲むのは寂しいので、瞬時に女性の肩をたたき、わざと知り合いをよそって「久しぶり!」と声をかけました。当然、肩をかけられた女性は顔の知らない私の顔を見ながら、しばらくきょとんとした様子でしたが、私がすぐに人違いだったことを詫びると、そのまま自然な形でお互い話し合うことができました。私は計算通りの展開に心の中でにんまりし、その場を楽しみました。その女性たちは、私と同い年ということもあり、特に盛り上がり、私が肩をたたいた女性とは、電話番号とメールアドレス交換もできました。

その日はそのショットバーで女性たちとお別れしたのですが、翌日、すぐにその一人の女性から電話がかかってきました。ナンパをした相手自ら電話をくれたことに、私はラッキーだと感じましたが、今度は二人きりで会いたいとの彼女の言葉に、さらに嬉しくなりました。

それから数日後、二人きりで居酒屋へ行き、飲みましたが、彼女はその後も何軒もはしごを要求し、お互い酔うほどに飲みました。流れの中でホテルへ行って、二人で会った初日からセックスしてしまいましたが、私はそのとき、彼女の薬指に光るものを感じ、彼女に聞きました。彼女は途端に気まずそうな表情になりながらも、結婚していることを教えてくれました。

知らなかったとはいえ、結果的には不倫関係となったのです。私はまずいという気持ちはありながらも、容姿や性格ともに自分の好みに合うその女性と、不倫関係をしばらく続けてしまったのですが、やはりそのような関係は長くは続かず、約2か月の不倫関係は私の謝罪とともに終わりました。

エロ画像は動画サイトに欠かせない

動画が全盛の現代ではあるが、ネットにある画像が貼りつけられるタイプの掲示板サイトでは今もエロ画像が大きな役割を果たしている。ただ、やはり画面が動かないというのは何とも悲しいものである。いくら高画質とは言っても、その一瞬にしか過ぎない訳で、これで人を性的興奮状態にさせるのは極めて難しいだろうと思う。

その様な状況で、あえてエロ画像ならではの利点を挙げるとすれば、それは映像の中身を端的に知る事が出来るという所かと思う。これはレストランにおけるメニューに近いものであろう。もし、ここに文字情報しか書かれていなかったら何を選んでいいか分からないはずだ。だが、写真があれば「こんな感じなんだ」という事が一目で分かるはずだ。その様な意味で静止画は役だっていると言えるだろう。身近な例としてはアダルト動画サイトでの検索結果である。

ここに出てくるエロ画像を専門用語でサムネイルと言っている。もしも、それが無かったとしたら今の動画サイトの盛り上がりは決して起きなかっただろう。巨乳で白人の女性がペニスをしゃぶっています、なんて一文が出てきても、その女性がブサイクなのか美人なのかも分からないのです。これでは目的の映像を探し出す事など出来ないでしょう。たった1枚の写真だけで、数多くの情報を伝えられるのです。たまにはその仕組みを考えた人達の事を思い、感謝してみてはいかがでしょうか。

また、他の利点としてデータ量が少なくて済むのが大きいのです。この頃の動画は高画質化が進んだせいで、ハードディスク(HD)が直ぐに一杯になってしまいます。その代わり画像ならばそのような心配はせずに済みますよね。お金持ちならばどれだけでもHDを購入できるのでしょうが、私の様な庶民にはそうはいきません。動く事も無く声も聞こえないものですが、その代わり想像力が働くので頭には良いかも知れません。久しぶりに棚の奥にしまってあるコレクションを引っ張り出してきたくなりました。

先輩の部屋でアダルトビデオを見てセックス

「俺の部屋で一緒に新作映画を見ない? 友達も誘っていいけど。」
テニス部に入ってからずっと憧れていた剛先輩から言われて、夢じゃないかと思わずほっぺをつねってしまいました。恋のライバルの友達なんて誘うはずもなく、もちろん1人でかっこいい先輩のお家へ行きました。

「あれ?1人で来たんだ。」
と先輩は言ったけど、にこにこご機嫌でちっとも意外そうじゃなかった。1人っ子だという先輩のおうちはご両親とも仕事でお留守。2人でまったりすごせるなんて、本当にラッキーでした。

有名なヒーローが出てくる映画の新作を見てカッコよさに2人で感動した後、
「久美ちゃん、ほかにもおもしろいビデオがあるんだけど見ない?」と先輩がいうから
「いいですよ。」と答えると、先輩が1本のビデオをデッキに入れたんです。

まるで先輩とわたしのようなシュチュエーションの2人が体育倉庫の片隅で、キスして服を脱がせあって激しく求め合う映像にびっくりして先輩の顔を見ると、わたしのことをランランと射るようなまなざしで見つめていました。
「これって、アダルトビデオじゃないですか。」とわたしが言うと
「俺たちも気持ちいいことしようよ。」と言われ先輩にいきなり抱きすくめられました。

汗のにおいにクラクラしていると、先輩ったらいきなりわたしのシャツとブラをめくりあげてチュウチュウ乳首を吸うんです。
「アダルトビデオよりもっと激しく愛してやるよ。」といった先輩は、
もがくわたしのパンティをはぎとり、恥ずかしいところに顔をうずめました。先輩の舌の動きに合わせて、しびれるような快感に身体がビクンビクンと動いてしまいます。

アダルトビデオの女の子のあえぎ声よりももっと大きな声をあげてしまい、恥ずかしかったけれど
「もう許して・・・」とお願いしても、先輩はわたしを愛撫するのを止めてはくれません。ちらちら見える映像の2人の激しい絡み合いにだんだん興奮してしまったわたしは、先輩に頼まれて大きくそそりたった先輩のペニスを夢中でしゃぶってしまいました。わたしの初体験はアダルトビデオを見ながらで、とっても刺激的でした。

心が満たされるストリップという芸術

ストリップと聞くと古いイメージと思ってしまいますが、男性の性欲と女性の美の追求という二つの事柄が交じり合った世界と言えます。見る人にとってはおそらくパンツが濡れてしまうという事も体験するかもしれません。それほどまでにエロくそして美しいのがストリップです。気軽に楽しむ事が出来る方法はインターネットを活用することです。素人の女性が音楽に合わせて踊っているエロムービーを公開しているサイトが有りますのでそちらを利用することで堪能することが出来ます。ですがプロの居るこのストリップの世界はやはり劇場で見ることが最高です。その時の一瞬あるしゅのコメディショーを見ているかのような感覚になるストリップを体験してしまうと通いたくなってしまうほどの魅力が詰まっています。見る側もしっかりとマナーが大切なのがストリップです。初めての場合は周りに合わせて大人しく座っていることがおすすめなのですが、慣れてくると前の方に陣取ることが大切です。間近で女性を5人ほど見ることが出来ますし、場合によってはおさわりも出来てしまいます。お酒を飲んでも怒られませんしムラムラ感を高めてその後、簡単に抜きに行くというパターンが王道かもしれませんね。それほど余韻が良くて性欲がそこから沸き上がってくるのが感じられると思います。初心者にとってはマナーを知らないのですが、映画を見る感じでおとなしくしておく事と周りに合わせることです。拍手を求めることもあります。何よりも目の前に生身でストリップしているわけですから、客の反応が悪いとその日はいい加減になってしまうという生ならではのドキドキ感があります。女性の気分が良ければ近寄ってきて触らせてくれますし、何よりも目の前でダンスではなく、オナニーショーを見れるという事もありムラムラ度はマックスに上がります。それを1度、劇場に行くだけで5人6人は楽しめますので、抜きに行くより満足度が高いこともあります。その場で抜くことは出来ませんが、様々な楽しみ方が出来るのがストリップです。

コスプレ美女との濃厚なエッチプレイは興奮する

女の子に好みのコスプレをしてもらってプレイするのは楽しいです。エロ動画やAVで見てもすごく興奮します。衣装の種類もいろいろあって、定番のナースやセーラー服や婦人警官やメイドなどは人気があります。同じセーラー服でも今はバリエーションがすごく多くて、エッチっぽい制服が何十種類もあるので選ぶだけでも迷ってしまいます。制服でも日本とアメリカでは、かなり露出度も違います。アメスクだと胸が大胆に開いて、おっぱいの谷間が丸見えだし、ミニスカートでオヘソや太ももがあらわでとてもセクシーです。
アイドルの派手で可愛い衣装も魅力的です。特に若い女の子だと抜群に似合います。今のアダルトビデオには、本当にアイドル顔負けの美少女系のAV女優がフリルの付いたミニスカートを着てムチムチの太ももを見せられると、たまらなくテンションが上がってきます。
コスプレのいいところは、様々なシチュエーションを想像しながらイヤラシイことができる点にあります。日頃はすまし顔で教壇に立ている女教師と放課後に居残り授業をして教えて貰っている最中に、ふとしたきっかけで男子生徒とイケナイことが始まるエロビデオもかなりナイスです。男子生徒役のAV男優は、初めは大人しく女教師に従っていますが、コトが始まると急に大胆になります。巨乳をわし掴みにして揉みしだいたり、しつこくクンニして舐めまわしたりして攻めます。段々と快感に酔いしれてきて、フェラチオやイマラチオで濃厚にねっとりと二人が絡み合います。
ナースや婦警など、コスプレの中でも職業系は好評です。バリエーションも多くて、レースクイーンやウエイトレスや巫女さんや家庭教師やOLやファーストフードの店員などが人気です。他にもアニメ系や水着系などのジャンルがあります。好みのコスチュームを身にまとった女性を自由に陵辱してみたり、痴漢プレイをしたりできるのはすごくエキサイトします。抜ける動画の中でも特にコスプレ系のアダルト動画のクライマックスシーンは、本当に見ごたえがあるし大興奮できます。